メニュー
新宿の泌尿器科ナビ|新宿駅前クリニックの口コミ > 咽頭淋病 > 咽頭淋病の口コミ

咽頭淋病の口コミ

 

こーじーさん 40代 男性
★★★★★

出会い系サイトで知り合った10代後半の女性と関係を持ったのですが、二日後には異常を感じました。
感じた異常は排尿時の違和感です。
尿道に何かが引っかかるというか当たる感じがするんですよね。
以前淋病に感染した時にこういう症状がありましたし、この違和感が痛みに変化したら間違いなく性病に感染してる、すぐ泌尿器科で診察してもらわねばと覚悟を決めました。
残念ながらこの心配どおりの展開となり、その二日後(性病感染から4日後)には痛みへと変化します。
しかもこの頃には尿道からすごく臭い分泌液まで。
これはもう淋病だ・・と思ってすぐ泌尿器科へ行きました。

泌尿器科の受付で症状を話すと、尿検査の為に尿採取をするように言われました。
以前の経験から尿検査は必須だと知ってましたし、溜め込んでいたオシッコをコップに出してすぐ提出しました。
20程度待合室で待ってから、診察室に呼ばれました。
医師からは淋病に感染してますねと淡々と告げられました。
遊んだ女性が咽頭淋病でその際に完成したのだと思います。

心当たりはありますか?と尋ねられたので、一週間ほど前に女性と遊びましたと答えると、それだろうねと返答が。
この一週間内に他の女性と関係を持っていたら淋病を映してる可能性もあるのでちゃんと相手にも告げるようにといわれました。
じゃないとこちらが完治しても、その女性からもらうこととなりますし体への悪影響もあるからと。

薬は抗生物質を処方してもらいました。
二週間分です。
薬を毎日きちんと服用しつづければ完治するからキッチリ飲み切るように言われました。
服用を終えても痛みが再発するようならまた来なさいといわれ、結局この時の診察はこれっきりです。
幸い薬を服用しきった後も症状の再発はありませんでしたし、無事完治したんだな・・・と解釈して普段通りの生活に戻りました。

Daisukeさん 20代 男性
★★★★

淋病が疑われる5日前くらいにタイに旅行へ行きました。生フェラがなんと日本円で3000円くらいでしてくれるということで友人に誘われ一緒にお店に入ることにしました。サービスに満足しそのあと5日後くらいでしょうか。股間がとても痛くなり、排尿時にぴりっとした痛みを感じるようになりました。またのどにも何か違和感を感じました。
これは何か病気かなとだんだん怖くなり、どうしても気になるので仕事中にたびたびトイレに行き股間から膿なのかわからないのですが下着が濡れていました。これは淋病かとほぼ確信しつつ病院に行き診察に行きました。

性病には今までかかったことはなく、初めての診断だったので非常に緊張しました。淋病の検査はとても痛いものだと想像していたのですがいわゆる尿検査だけで済みとくに痛みもなく薬を処方していただきました。症状も軽くそこまで進行していないといわれたので一日に1錠の飲み薬を処方されました。それを一週間ほど飲み続ければ症状はだんだん収まってくるだろうとお医者さんもおっしゃってくれたのでそこで初めて一安心しました。料金は診察料で4000円、薬で2000円、合計6000円だったので想像以上に安かったです。先生も「淋病は勝手に治ったと思い込んでいる患者さんが多い」とおっしゃられていて基本は薬を飲んだり病院で診察をしてもらわないと治らない病気だということもそこで初めてしりました。診察後は淋病は当然の事ですが、ほかの性病ももちろん怖いので年に一回ほど定期的にチェックすることにしています。

TOP