メニュー
新宿の泌尿器科ナビ|新宿駅前クリニックなどの口コミ > クラミジア性尿道炎

クラミジア:相手に移す前に

りゅうさん 50代 男性
★★★★

排尿時にチクリという痛みを感じ出しました。初めのうちはあまり気にせず、そのうち治るだろうと気楽に構えていたのですが、徐々に痛みが強くなっていくのが分かりました。
他にもしみる感じや、生温かいものが出るような、今まで感じた事がない感覚を覚えるのです。

この症状を放置せておくと自身も症状が悪化しかねず不妊症の可能性もあり、更に最悪パートナーに伝染してしまう可能性が高く、取り返しがつかなくなる前に受診しようと決めました。

テトラサイクリン系と呼ばれる抗生物質を2週間ほど服用してようやく症状が開放に向かいました。予想以上に時間がかかりました。
また交際相手も同時に検査をしました。自分だけの問題では済まないという事の重大さを感じさせられました。

服用して数日後に吐き気や下痢といった副作用と思われる症状があらわれました。抗生物質の服用が終了後、3週間後に再検査を行いました。

原因と予防策について医師と話し合いましたが、不適切な性行為や避妊具の使い方、不衛生さが原因とのことで、ごく一般的な性行為で清潔さを心掛けていれば防げるとのことでした。
交際相手に様々な悪影響をおよぼしてしまう恐ろしい病気という事を強く認識させられたと同時に自分の考えの甘さも痛感しました。

ニャスさん 50代 男性
★★★★

出会い系で知り合った二回りほど若い子と短期間ですが交際しましたが、相手もナマを望みましたし、避妊をしなくても良い(私自身の理由ですが)のでSEXをするときにコンドームを付ける事はしませんでした。月に4~5回ほど逢ってSEXをしましたが、別れる少し前に症状が出ました。
仕事柄、膀胱炎になったこともあり、かなり放置して我慢もしましたが、最後には歩いたり通常の生活にも支障が出るほど痛みが出て病院に行きました。

近くの泌尿器科で診察を受け当初、淋菌用の抗生物質を処方されまして1週間ほど飲んだのですが、効き目がほとんどなく(体感的に痛みや排尿等の苦しさが収まらなかった)再度、受診をしてからジスロマックを4錠処方されました。
ジスロマックは尿路生殖期系のクラミジア・トラコマチス感染に対して非常に有効性がある薬だそうですが、最近ではジェネリックも出回る様になっている様です。
薬を4錠まとめて飲んだのですが、初日に軽い下痢をした以外は副作用的なものは感じませんでした。
4日目くらいから痛みがかなり治まり、排尿時のキツさや痛みが汐を引く様に収まりました。
下着につく分泌されたものも1週間ほどでなくなりましたが、パートナーとのSEXはもう少し待つかコンドームを使用とフェラチオ等はさせないなら問題ないとは言われましたが、気持ちとして正直3週間ほどは出来ませんでした。

クラミジアで受診:尿検査でわかり安心

健四郎さん 30代 男性
★★★★

彼女が風俗で仕事をしており、のどにクラミジアにかかったと言う連絡があり、病院を受診してほしいと言われました。
そういえば最近、尿道辺りがむずむずと痒みがあって赤く炎症が起きていたから病院に行くことにしました。
病院はどの病院を受診したら良いか迷いましたが、泌尿器科の診療科もある地元でも大きな総合病院を受診しました。
診察では典型的なクラミジアの症状ということで抗生物質による治療で様子を見ることになりました。

治療は服用薬だったので、手軽に治療が受けられるのも良かったです。
しかし、薬をジェネリック医薬品だと薬代を抑えて経済的に良いと思って希望しましたが、ジェネリック医薬品に替えてもらうことができなかったのは残念でした。

また、処方箋は薬局にて行われましたが、薬剤師の女性が丁寧に飲み方や注意点などを説明してくれたので、わかりやすかったです。
ただし、女性に性病の治療ということが知られるのは抵抗があり、少し恥ずかしかったです。

症状に関してはまず炎症がなくなり、徐々にむずむずとした痒みがなくなって行きました。
それもでも処方された服用薬は飲み続け、医師から完治していると言われるまで受診を続けましたが、思っていたよりも時間がかかりました。

>> もっと見る

クラミジア性尿道炎の口コミ

こーじーさん 40代 男性
★★★★★

以前出会い系サイトやテレフォンクラブを利用し、不特定多数の女性と関係を持っていたことあります。
この時に色々な性病に感染したのですが、クラミジアにも感染しました。
症状は排尿時の違和感です。
オシッコをすると、尿道に妙な異物感みたいなのを感じるんです。
私はこれまで何度も性病経験がありましたし、性病感染の心辺りもありました。
淋病かクラミジアのどちらか、下手したら両方感染してる可能性があると考え、泌尿器科で診察を受けました。

今まで性病で診察を受けた際、実際に男性器を見たり、血液検査で性病チェックをしてもらいました。
しかしこの時は尿検査のみでした。
先生は口頭で問診しただけで、私の男性器見たり血液検査等で他の性病検査をしてもらえませんでした。
してもらった検査は尿検査のみです。
私は症状的に淋病かクラミジアのどちらかわからないと感じていたのですが、お医者様からするとクラミジアと決定付けるものがあったようです。
これまでの性病治療経験から、医師からの対応は不十分じゃないかなと感じました。
しかし処方された抗生物質(確かクラビットだったと思います)を服用すると、排尿時の違和感はなくなりました。
二週間分薬を処方してもらっていたので、二週間キッチリ服用しました。
薬を飲みきって二週間経過しても症状はぶりかえりませんでしたし、医師の見立て通りだったんだなと感じました。
保険も利いていたので、診察代は薬代を含めて3000円代半ばと助かりました。"

makoto 30代 男性
★★★★★

人により気が付く理由は様々ですが、私が気が付いたのは右下腹部の痛みでした。
排尿時も多少の痛みはあったのですが、男性ならたまにあることなので、その時は特に気にしていませんでした。ある日の朝、寝起きからどうも右下腹部が痛み、職場についても治らず、とうとう休憩を貰ってしまいました。あまりの鈍痛で異常を感じ、何気なくお手洗いに行った時です。
睾丸が5倍くらいに膨れ上がっていました。排尿時の痛みも尋常ではありませんでした。
とりあえず顔が青かったので職場には腹痛が原因と誤魔化し、インターネットで調べて性病を見てくれそうな病院を探しました。

病院で症状を説明すると、血液検査だけは行ったものの、触診の段階で結果を待たずにクラミジアからくる尿道炎であること、そして精巣まで腫れあがっていると診断されました。
ジスロマックを処方されました。経験がある薬なので用法はわかっていたのですが、とりあえず痛くて生活が困難であると伝えると飲み薬ではなくボルタレンの少し大きめのサイズを処方されました。
一日三回までしか使ってはいけなかったのですが、それでも何とか排尿や生活できるレベルで痛みに耐えることが出来ました。
通常であれば1週間ほどで回復するはずでしたが、私は来るのが遅かったようで、結局2週間分の薬を飲んで治しました。
治ったかどうかは採血検査と触診で判断してもらいました。
腹痛も性病に繋がる可能性があると知り、気を付けようと感じました。

TOP