メニュー
新宿の泌尿器科ナビ|新宿駅前クリニックなどの口コミ > 淋病

淋病「心当たりがあれば即専門医に診察」

asato45さん 20代 男性
★★★★★

私は大学生の頃、同棲している彼女がいました。
ある日、朝起きると陰部の痒みがありました。
しかし、そこまでひどい痒みではなかったので、病院へ行かずに様子を見ていました。
3日ほど経っても、陰部の痒みが治まらず痒みは次第に強くなっていきました。
そこで、彼女に陰部の痒みについて相談すると、彼女も陰部の痒みがあるとのことでした。
同じ時期に二人揃って陰部の痒みがあるのはおかしいと思い、一緒に近くの泌尿器科へ行くことにしました。

近くの泌尿器科へは初めて行きましたが、とても雰囲気が良くて、綺麗な医院でした。
受付の女性に症状を説明しました。
ほとんど待ち時間がなく、二人一緒に泌尿器科の先生の診察を受けることができました。
泌尿器科の先生に症状や発現時期を説明したところ、性感染症の可能性が高いと言われ、検査を受けることになりました。
検査の結果はすぐに出ました。
検査結果は二人とも淋病という性感染症であると診断されました。
とても優しい先生で、今後の性交渉開始の時期や性感染症の予防などの方法について丁寧に説明してもらいました。
ジスロマックという抗生物質を貰い、帰ってすぐに服用しました。服用してから3日後には痒みはほとんどなくなりました。
1週間すると、症状は完全になくなり、治療は終了となりました。

>> もっと見る

淋病の口コミ

みんとLLLれもんさん 40代 男性
★★★★

まずはじめに、排尿時に、強い痛みを感じました。
はじめのうちは、なんとか良くなるのではと思っていました。
ですが、痛みも強くなってきましたし、尿道からも濃い乳白色の分泌物が出てくるようになりました。
そして、尿道のかゆみも出てきましたので、病院に行く事にしました。
病院に行って診察を受けましたら、淋病ですねと、お医者さんに言われました。
なので淋病に感染したかもしれないと思った場合には、すぐに病院に行って診察を受けましょう。

まずはじめに、男性の場合の淋病の検査は、尿検査によって行われるそうですが、私の場合、排尿時の痛みや多量の分泌物が、あったために、視診と問診だけで淋病と診断されました。
そして、淋病の治療に、ついてですが私の場合は、注射による抗生物質の投与でした。
また、淋病の治療に現在、多く行われているのが、注射による抗生物質の投与との事です。
淋病の注射による治療は、基本的には注射薬を1回打つだけで、淋病の治療は完了するそうです。
そして、私が淋病の診察を受けるために、病院は、どこが良いのかと思いましたので、いろいろと調べてから病院へ行きました。
淋病の診察を受ける男性でしたら泌尿器科や性病科が良いとの事でした。
最後になりますが、淋病は、排尿時に、強い痛みを感じます、そして、尿道からも分泌物が出てくるように、なったりしますので、みなさんも注意しましょうね。

>> もっと見る

TOP