メニュー
新宿駅前クリニック泌尿器科について | 新宿の泌尿器科ナビ|新宿駅前クリニックなどの口コミ

新宿でお勧めの泌尿器科

体調や体の異変は場所を問わず起きるものです。

陰部や尿道などに異変が起きることもあるのですが、このときにその異常の診察を受けられるのが泌尿器科です。
こちらも該当する異常に悩んでいるときは非常にありがたい病院になりますが、新宿の泌尿器科でいい病院はあるでしょうか?
それは新宿駅前クリニックです。
こちらには泌尿器科があり、新宿の内科などでは対応できない陰部関係の異常について診察を受けられます。

この病院でよく治療されているのが、たとえば尿道炎です。
排尿時に痛みがあったり、ムズムズしたり、膿が出たりと、いろいろな症状があります。
原因はクラミジアや淋病などの性病になる場合もあります。
このときはパートナーとの性行為が感染経路だったりしますね。
このほか、尿道炎はストレスによる免疫力の低下が原因で起こることもあります。
このときは性行為をしていなくても、この症状が起こることがあります。
このような男性の尿道炎は、新宿駅前クリニックで治療が可能です。
このほかには、膀胱炎、クラミジア、淋病、亀頭包皮炎、毛じらみ、梅毒などのほか、陰部がかゆい、違和感があるなどの症状でも診察を受けられます。

こちらで対応できる症状で少し気をつけたいのは、女性の症状にはあまり対応していないことです。
女性の症状に関して、新宿駅前クリニックの泌尿器科で診察や治療ができるのは、膀胱炎のみとなっています。
膀胱炎とは女性がなりやすい異常で、これが起きると排尿時の痛み、残尿感、下腹部痛、尿の濁りなどがあります。
これら症状で困っているときは膀胱炎の可能性がありますから、新宿駅前クリニックで診察を受けてみるのもおすすめです。
これ以外の女性の症状については、新宿駅前クリニックでの対応が難しいことが多いですから、この点は少し注意してください。

新宿駅前クリニックの泌尿器科の評判

新宿駅前クリニックの泌尿器科ではこのような症状の診察や治療ができるのですが、評判は高いです。
その理由として、待たされないというのが大きいですね。
これら陰部周りの症状は、風邪などと違って家で安静にしていればすぐ治るとは限りません。
また、病気によってはパートナーに移してしまう可能性がありますから、忙しい方でも時間を作って病院に行かざるを得ないことも多いでしょう。
新宿駅前クリニックはそのような忙しい方でも利用できるよう、待ち時間の短縮にはかなり力を入れて取り組んでいます。
無駄な検査や診察などは極力せず、テキパキと対応していきますから、待たされることが少ないのです。

しかもこの病院で診察を行っている医師は、1人だけではありません。
その日に出勤している複数人の医師が診察を行いますから、この効果で待ち時間が短くなることも多いです。
その結果、仕事の合間などにちょっと来院して診察を受けるといった対応も可能です。
夕方まで診察を行っていますから、仕事帰りに寄る方も多いですね。

このように対応が早くて待たされにくく、お昼や夕方のちょっとした空き時間に診察を受けられる病院ということで、新宿でも人気です。
ゆっくり病院に行く時間はないものの、陰部周りの異常でどうしても医師の診察が必要な方など、まさにぴったりの病院となるでしょう。

新宿駅前クリニックへのアクセス

アクセスしやすいのも利点です。
新宿駅前クリニックは新宿駅のすぐ近くにあります。
駅の西口の目の前には家電量販店がありますが、その裏にあるビルの3階に入っており、駅からの距離は徒歩1分となっています。
新宿駅周りで生活している方や、職場がこの近くにある方など、日常の用事や仕事のついでに来院できる病院となるでしょう。

診察時間は10:00~14:00、15:30~19:00までとなっており、終了時間の15分前まで受付可能です。
初診の方は18時までとなりますから注意してください。
予約などは一切不要ですので、陰部周りの異常で悩んでいるときは、新宿駅前クリニックの泌尿器科まで相談してみるといいでしょう。

咽頭クラミジア:抗生物質の点滴をして次の日には改善

ゆうじさん 男性 30代
★★★★

診察を受ける前から、喉が痛く、体の節々が痛んで熱っぽい症状があり、最初は疲れかなと思っていました。
当時つきあっていた風俗嬢の彼女も同じような症状とのことで、ネット等で調べてみて咽頭クラミジアのことが書いてあったので、彼女には話さず、まずは一人で耳鼻科に行ってみてもらいました。
結果咽頭クラミジアとのことで、彼女も連れて行って彼女も咽頭クラミジアとの診断でした。
何回も性病で診察するのは正直恥ずかしかったです。

自分が悪いのか、彼女が悪いのか分かりませんが、ショックでした。
先生からはキス、フェラチオの禁止と彼女に対しては自分と付き合うなら風俗をやめるか、続けるにしても定期的に検査に来るようにと言われていました。
治療は抗生物質の点滴を1回して終わりという単純なものでしたが、抗生物質の飲み薬より効果は高いそうですが、自分は点滴との相性が悪かったのか、点滴終わってからしばらく頭がぼんやりとする状態でした。
それでも次の日には喉の痛みや違和感、体の節々の痛みは無くなっていたので、効き目はあるみたいです。

点滴2週間後に再度検査をして、陰性であれば治療は完了です。
彼女ともその後別れましたが、キスをするのも怖くなりました。

>> もっと見る

尿道炎:抗生物質の種類を変えながら半年治療をして治しました

金色の闇さん 40代 男性
★★★★★

昔の話です。
ファツションヘルスに行って、フェラされた翌日の朝、トイレで尿をしている時、尿道に激痛が走りました。
外観を見ると、尿道口が赤く腫れ上がってました。
膀胱を締めるようにすると痛みが感じました。
急いで泌尿器科に行き、菌の特定検査を受けました。
雑菌性の尿道炎ということでした。

抗生物質を一週間分もらって、服用したら、尿道の痛みも和らいできました。
菌が死滅するのには時間がかかるということで、抗生物質の種類を変えながら、治療を半年程度続けて治しました。

尿道炎はややこしい病気だそうで、菌の種類や患部の状況を見ながら、抗生物質の種類や量を変えて治療する必要があるということでした。
これまで多くの症例を見て、治療経験が豊富な良い医者に最初に見てもらって、本当に助かりました。
また、たかだかフェラされただけだと軽く考えていたらいけないと強く実感しました。
口の中は、肛門の中よりも、雑菌が種類、量ともに半端ないようです。
その後歯医者で歯にまとわりついている雑菌をスコープで見せてもらいましたが、おびただしい量の雑菌が見えました。
あれがぺニスに付いたら、大変ですよね。
フェラを甘くみてはいけません。コンドームは必需品だと強く認識しました。

>> もっと見る

咽頭クラミジア:抗生物質で治った

eisuke34さん 20代 男性
★★★★★

ある日の朝起きると喉の違和感がありました。
風邪かなと思って、安静にしていれば自然と良くなるだろうと考えたので、特に病院を受診せずに自宅で安静にしていました。
しかし、2、3日経っても一向に良くならず、逆に喉の違和感に加えて、のどの痛みも出現してきました。
翌日に病院を受診しようと思っていました。
翌日になると、更にのどの痛みがひどくなっていて呼吸がしづらくなるほどでした。
すぐに近くの内科医院を受診しました。

近くの内科医院を受診し、症状や症状が起こり始めた時期などを説明しました。
すると、内科医院の先生から性交渉について尋ねられました。
私は正直に症状が出る1週間ほど前にデリヘルを呼んで、セックスしたことを伝えました。
すると、先生から性感染症の可能性があるということを伝えられました。
検査の結果は咽頭クラミジアという性感染症でした。
先生から咽頭クラミジアの発症機序や治療、今後の性交渉での注意点などについて丁寧に説明してもらいました。
そして、咽頭クラミジア感染症に対してジスロマック錠という抗生物質を処方してもらいました。
飲み始めてすぐにのどの痛みや違和感は消失しました。
1週間後に再度診察をして、治療は終了であることを伝えられました。
内科医院の先生の説明はとても分かりやすく親切でした。

>> もっと見る

陰部の毛じらみ:泌尿器科や皮膚科で解決した

たかはしさん 50代 男性
★★★★★

スキー場で知り合った女性と関係を持ってしまったのですが、帰って2~3日した頃から陰部に痒みを覚え、下着にも赤い斑点のような跡が。
陰毛部分を見てみると小さな虫がいたんです。
まさかこれが毛じらみというやつなのか?かなり動揺してしまいました。
最初は指で一生懸命取り除いていたのですが、日に日に増えていくのが見ていてわかるような状態だったので、急いで病院に行くことにしました。
何科で診察を受ければ良いのか分からず、受付で聞いた時が一番恥ずかしかったです。
皮膚科に行くように言われて、皮膚科に行って見てもらいました。

とりあえず皮膚科で診察を受けたのですが、看護婦さんが側にいたので本当に恥ずかしかったです。
診察の結果、やっぱり毛じらみでした。
興味本位なのか、先生がどのように移されたのかということを根掘り葉掘り聞いてくるので、正直うんざりしてしまいました。
フェノトリンシャンプーとフェノトリンパウダーを使って治療するように言われました。
毎日やる必要はないと言われたのですが、私自身が気になったので1週間くらい続けたのですが、それでも何故か翌週も毛じらみを見つけたので、結果的に下半身の毛という毛を全部処理しました。
処理した後にフェノトリンシャンプーとフェノトリンパウダーを使い、やっと完全に駆除することが出来ました。

>> もっと見る

淋病で受診 初期ならすぐになおる

ドンチャンさん 30代 男性
★★★★

トイレで排尿している時に下半身に激痛が走り、立っているのがやっとというくらいの痛さだったので、トイレから出てしばらく寝転んでゆっくりしていたのですが、痛さに耐えられなくなり、救急車を呼び、病院へ行って診察を受けました。
下のことなので、「性病を移されたのではないか」と思いました。
何日か前に出会い系で知り合った女の子とセックスなどをしていたので、「それが原因ではないか」と思いながら、救急車で病院に運ばれました。

診察するために尿を採取しなければいけないのですが、採取している時に尿から膿みたいなものが出ていたのですが、そのまま提出しました。
医師の診察の結果は「淋病」でした。
何日か前に出会い系の女の子とセックスしたことを医師に告げると「移された可能性がありますね」と言われました。
かかってしまったものは仕方がないと思い、治療してもらうことになりました。
治療方法としては「抗菌剤の飲み薬を服用」するだけでした。
3日ほどで痛さは次第になくなってきました。
重度の場合は、入院治療もあると医師に言われていたので、一安心しました。
「パートナーも診察をしてほしい」と言われたのですが、その子とは1回限りのセックスだったので、連絡を取ることができず、淋病になっていることを伝えてあげることはできませんでした。

syoujiさん 60代 男性
★★★★★

小便に膿のような物が混じってたので、何時もと違うので、病院へ行きました、結果は予想通り淋病でした。
原因は風俗で遊んで観戦したようですが、どこの風俗かは分かりませんでしたが、次からは気を付ける様にしています。
私の場合は、早い段階で発見して、病院へ行ったので、薬を飲むだけで治りましたので、とてもラッキーだったと思います。
何か変調がある時には直ぐに病院へ行くのが良いですね、でも泌尿器科へ行くのは勇気がいりますね。

私の場合は初期の段階だったようなので、飲み薬だけで、直すことが出来ました。
小便に膿が混じっていたのもすぐに治りました。
初めての泌尿器科は緊張するものです、どの様に診察をするのかがとても不安だったのですが、諦めるしかないですね、パンツを下げて、下半身を見られるのですが、それも仕方がないことなのです。
そのころは若いときだったので、緊張もしましたが、もしも今なら堂々としているのかもしれませんね。
治ってしまうと、直ぐに忘れてしまうものです、私は軽い段階での淋病でしたので、とてもラッキーだったのですね。
速い受診が自分の為なのですから、身体に変調が有ればすぐに病院へ行くことをお勧めします、遅れると大変なことになってしまいますから。

クラミジア:相手に移す前に

りゅうさん 50代 男性
★★★★

排尿時にチクリという痛みを感じ出しました。初めのうちはあまり気にせず、そのうち治るだろうと気楽に構えていたのですが、徐々に痛みが強くなっていくのが分かりました。
他にもしみる感じや、生温かいものが出るような、今まで感じた事がない感覚を覚えるのです。

この症状を放置せておくと自身も症状が悪化しかねず不妊症の可能性もあり、更に最悪パートナーに伝染してしまう可能性が高く、取り返しがつかなくなる前に受診しようと決めました。

テトラサイクリン系と呼ばれる抗生物質を2週間ほど服用してようやく症状が開放に向かいました。予想以上に時間がかかりました。
また交際相手も同時に検査をしました。自分だけの問題では済まないという事の重大さを感じさせられました。

服用して数日後に吐き気や下痢といった副作用と思われる症状があらわれました。抗生物質の服用が終了後、3週間後に再検査を行いました。

原因と予防策について医師と話し合いましたが、不適切な性行為や避妊具の使い方、不衛生さが原因とのことで、ごく一般的な性行為で清潔さを心掛けていれば防げるとのことでした。
交際相手に様々な悪影響をおよぼしてしまう恐ろしい病気という事を強く認識させられたと同時に自分の考えの甘さも痛感しました。

ニャスさん 50代 男性
★★★★

出会い系で知り合った二回りほど若い子と短期間ですが交際しましたが、相手もナマを望みましたし、避妊をしなくても良い(私自身の理由ですが)のでSEXをするときにコンドームを付ける事はしませんでした。月に4~5回ほど逢ってSEXをしましたが、別れる少し前に症状が出ました。
仕事柄、膀胱炎になったこともあり、かなり放置して我慢もしましたが、最後には歩いたり通常の生活にも支障が出るほど痛みが出て病院に行きました。

近くの泌尿器科で診察を受け当初、淋菌用の抗生物質を処方されまして1週間ほど飲んだのですが、効き目がほとんどなく(体感的に痛みや排尿等の苦しさが収まらなかった)再度、受診をしてからジスロマックを4錠処方されました。
ジスロマックは尿路生殖期系のクラミジア・トラコマチス感染に対して非常に有効性がある薬だそうですが、最近ではジェネリックも出回る様になっている様です。
薬を4錠まとめて飲んだのですが、初日に軽い下痢をした以外は副作用的なものは感じませんでした。
4日目くらいから痛みがかなり治まり、排尿時のキツさや痛みが汐を引く様に収まりました。
下着につく分泌されたものも1週間ほどでなくなりましたが、パートナーとのSEXはもう少し待つかコンドームを使用とフェラチオ等はさせないなら問題ないとは言われましたが、気持ちとして正直3週間ほどは出来ませんでした。

亀頭包皮炎:塗り薬で完治

クロちゃんさん 30代 男性
★★★★★

亀頭が包皮で覆われている包茎の状態でした。
自分で剥くことはできますが、その際は少し痛く感じるので清潔にしておくべきなのはわかっていましたが、包皮内を洗わない期間が長くなっていました。
そんなある日、包皮と亀頭の先の部分が赤くなっており、少し腫れている状態でした。
また、少し痛みも感じていたので不安に感じていましたが、最初は放置していました。
しかし、赤みや腫れ、痛みが悪化する一方だったので、仕方なく診察を受けることにしました。

下半身の異常で病院を利用することに強い抵抗はありましたが、さらに悪化する可能性があるので恥ずかしさを我慢して泌尿器科を受診しました。
医師が男性とは言え、やはり予想していた以上に恥ずかしかったです。
それでも、診察は手短に終わったので恥ずかしい時間はすぐに過ぎました。
亀頭包皮炎と診断され、包茎によって包皮内に細菌が発生しているのが原因とわかりました。
普段から清潔にしておくことが大事とわかったので、現在は入浴の際は必ず洗うようにしています。

また、塗り薬を処方してもらったので、それを定期的に塗り続けた結果、亀頭や包皮の赤みや腫れ、痛みは無事回復しました。
恥ずかしながらも早めに泌尿器科にて診察を受けて良かったです。

makotoさん 30代 男性
★★★★

きっかけは陰部のかゆみでした。
自分は仮性包茎なのですが皮の部分がかゆかったり、亀頭の付け根だったりとかゆい場所はその時々で違いました。
仮性包茎だから痒いのかな?と思い、必要以上に綺麗にしました。しかし痒みは消えず、しかも掻いている時とても気持ちが良いのでつい手を止まらなくなりました。
次第に出血するまで描き始めてしまい、皮も赤く腫れあがってしまったので、尿をする際にも痛みを感じ始めたので病院を訪れたのがきっかけです。

恥ずかしい場所だったのでまずは毎月定期的に通っている内科の先生に相談しました。
そして症状を話し、質問されたのが「白いカスは出ないか?」でした。
大体こういう時は手持ちの薬を塗れば治るのですが、確かに言われてみれば不潔な感じではなく、何度洗っても溢れるようにカスが出てきていました。
内科的視点でも細菌が関係している亀頭包皮炎 だと診断されました。

相談もしやすかったので安心できました。これからもよろしくお願いいたします。

TOP