メニュー
新宿駅前クリニック泌尿器科について | 新宿の泌尿器科ナビ|新宿駅前クリニックの口コミ

新宿でお勧めの泌尿器科

体調や体の異変は場所を問わず起きるものです。

陰部や尿道などに異変が起きることもあるのですが、このときにその異常の診察を受けられるのが泌尿器科です。
こちらも該当する異常に悩んでいるときは非常にありがたい病院になりますが、新宿にこの泌尿器科でいい病院はあるでしょうか?
それは新宿駅前クリニックです。
こちらには泌尿器科があり、内科などでは対応できない陰部関係の異常について診察を受けられます。

この病院でよく治療されているのが、たとえば尿道炎です。
排尿時に痛みがあったり、ムズムズしたり、膿が出たりと、いろいろな症状があります。
原因はクラミジアや淋病などの性病になる場合もあります。
このときはパートナーとの性行為が感染経路だったりしますね。
このほか、尿道炎はストレスによる免疫力の低下が原因で起こることもあります。
このときは性行為をしていなくても、この症状が起こることがあります。
このような男性の尿道炎は、新宿駅前クリニックで治療が可能です。
このほかには、膀胱炎、クラミジア、淋病、亀頭包皮炎、毛じらみ、梅毒などのほか、陰部がかゆい、違和感があるなどの症状でも診察を受けられます。

こちらで対応できる症状で少し気をつけたいのは、女性の症状にはあまり対応していないことです。
女性の症状に関して、新宿駅前クリニックの泌尿器科で診察や治療ができるのは、膀胱炎のみとなっています。
膀胱炎とは女性がなりやすい異常で、これが起きると排尿時の痛み、残尿感、下腹部痛、尿の濁りなどがあります。
これら症状で困っているときは膀胱炎の可能性がありますから、新宿駅前クリニックで診察を受けてみるのもおすすめです。
これ以外の女性の症状については、新宿駅前クリニックでの対応が難しいことが多いですから、この点は少し注意してください。

新宿駅前クリニックの泌尿器科の評判

新宿駅前クリニックの泌尿器科ではこのような症状の診察や治療ができるのですが、評判は高いです。
その理由として、待たされないというのが大きいですね。
これら陰部周りの症状は、風邪などと違って家で安静にしていればすぐ治るとは限りません。
また、病気によってはパートナーに移してしまう可能性がありますから、忙しい方でも時間を作って病院に行かざるを得ないことも多いでしょう。
新宿駅前クリニックはそのような忙しい方でも利用できるよう、待ち時間の短縮にはかなり力を入れて取り組んでいます。
無駄な検査や診察などは極力せず、テキパキと対応していきますから、待たされることが少ないのです。

しかもこの病院で診察を行っている医師は、1人だけではありません。
その日に出勤している複数人の医師が診察を行いますから、この効果で待ち時間が短くなることも多いです。
その結果、仕事の合間などにちょっと来院して診察を受けるといった対応も可能です。
夕方まで診察を行っていますから、仕事帰りに寄る方も多いですね。

このように対応が早くて待たされにくく、お昼や夕方のちょっとした空き時間に診察を受けられる病院ということで、新宿でも人気です。
ゆっくり病院に行く時間はないものの、陰部周りの異常でどうしても医師の診察が必要な方など、まさにぴったりの病院となるでしょう。

新宿駅前クリニックへのアクセス

アクセスしやすいのも利点です。
新宿駅前クリニックは新宿駅のすぐ近くにあります。
駅の西口の目の前には家電量販店がありますが、その裏にあるビルの3階に入っており、駅からの距離は徒歩1分となっています。
新宿駅周りで生活している方や、職場がこの近くにある方など、日常の用事や仕事のついでに来院できる病院となるでしょう。

診察時間は10:00~14:00、15:30~19:00までとなっており、終了時間の15分前まで受付可能です。
初診の方は18時までとなりますから注意してください。
予約などは一切不要ですので、陰部周りの異常で悩んでいるときは、新宿駅前クリニックの泌尿器科まで相談してみるといいでしょう。

淋病「心当たりがあれば即専門医に診察」

asato45さん 20代 男性
★★★★★

私は大学生の頃、同棲している彼女がいました。
ある日、朝起きると陰部の痒みがありました。
しかし、そこまでひどい痒みではなかったので、病院へ行かずに様子を見ていました。
3日ほど経っても、陰部の痒みが治まらず痒みは次第に強くなっていきました。
そこで、彼女に陰部の痒みについて相談すると、彼女も陰部の痒みがあるとのことでした。
同じ時期に二人揃って陰部の痒みがあるのはおかしいと思い、一緒に近くの泌尿器科へ行くことにしました。

近くの泌尿器科へは初めて行きましたが、とても雰囲気が良くて、綺麗な医院でした。
受付の女性に症状を説明しました。
ほとんど待ち時間がなく、二人一緒に泌尿器科の先生の診察を受けることができました。
泌尿器科の先生に症状や発現時期を説明したところ、性感染症の可能性が高いと言われ、検査を受けることになりました。
検査の結果はすぐに出ました。
検査結果は二人とも淋病という性感染症であると診断されました。
とても優しい先生で、今後の性交渉開始の時期や性感染症の予防などの方法について丁寧に説明してもらいました。
ジスロマックという抗生物質を貰い、帰ってすぐに服用しました。服用してから3日後には痒みはほとんどなくなりました。
1週間すると、症状は完全になくなり、治療は終了となりました。

>> もっと見る

尿道炎で受診:待たずに受診した方がよい

yakihe89さん 20代 男性
★★★★

ある日の夕方にちょっとだけ陰部の痒みが出現しました。そこまで強い痛みではなかったので特にきにしていませんでしたが、次の日の朝起きると痒みは増していました。
また、排尿をする時に軽い尿道痛を感じました。
そこで、1週間ほど前に飲み会の帰りに風俗へ行ったことを思い出したので、インターネットで調べたところ、性感染症の可能性が高いと思いました。仕事を早めに切り上げてから、近くにある泌尿器科を受診することにしました。

自宅近くの泌尿器科医院でしたが、受診するのは初めてだったのでとても緊張しました。
受付の女性に症状を聞かれて、とても恥ずかしい思いをしましたが、正直に答えました。
診察室へ入ると、受付の女性に聞かれたことと同じような質問をされ、現在の症状や症状の発現時期、風俗へ行ったことなどを説明すると、性感染症の可能性があるとのことで検査を勧められました。
検査の結果、クラミジア性尿道炎と淋菌性尿道炎の混合感染症であると診断されました。
いずれにしても細菌が原因なので、抗生物質による治療が必要ということで、クラビット錠500㎎を1日1錠で14日分処方してもらいました。
クラビット錠を飲み始めてから2日ぐらいで症状は徐々に治まってきました。飲み切る頃には症状はなくなりました。

>> もっと見る

クラミジアで受診:尿検査でわかり安心

健四郎さん 30代 男性
★★★★

彼女が風俗で仕事をしており、のどにクラミジアにかかったと言う連絡があり、病院を受診してほしいと言われました。
そういえば最近、尿道辺りがむずむずと痒みがあって赤く炎症が起きていたから病院に行くことにしました。
病院はどの病院を受診したら良いか迷いましたが、泌尿器科の診療科もある地元でも大きな総合病院を受診しました。
診察では典型的なクラミジアの症状ということで抗生物質による治療で様子を見ることになりました。

治療は服用薬だったので、手軽に治療が受けられるのも良かったです。
しかし、薬をジェネリック医薬品だと薬代を抑えて経済的に良いと思って希望しましたが、ジェネリック医薬品に替えてもらうことができなかったのは残念でした。

また、処方箋は薬局にて行われましたが、薬剤師の女性が丁寧に飲み方や注意点などを説明してくれたので、わかりやすかったです。
ただし、女性に性病の治療ということが知られるのは抵抗があり、少し恥ずかしかったです。

症状に関してはまず炎症がなくなり、徐々にむずむずとした痒みがなくなって行きました。
それもでも処方された服用薬は飲み続け、医師から完治していると言われるまで受診を続けましたが、思っていたよりも時間がかかりました。

>> もっと見る

真珠腫様小丘疹の口コミ

やっくみーさん 20代 男性
★★★★★

中学生頃に皮が全剥けした時、亀頭の周りにぐるっと100個ほどぶつぶつがあり、気になって病院を受診しました。
その時まだ童貞だったため、自分の人生に悲観しました。
中学時代はエロに対して非常に興味がある時期で、友達みんなで皮がむけたとか毛が生えたとか話題を出して盛り上がる時期なので、非常に自身の生殖器について気になっておりました。
性病なのかと思い、不安に思い父に相談したことを覚えております。
童貞でも性病になることがあるのか、と本当に絶望的な気持ちでした。
すぐに病院に行ってみてもらった方がいいと言われ、近くの泌尿器科に行きました。

診察の結果、性病ではなく真珠腫様小丘疹と言われました。
この真珠腫様小丘疹とは無害でニキビのようなものなのですが、つぶすことや、爪などでとることなどはできず、神経ともつながっているため自身で切除することはできません。
レーザーや液体窒素、薬を塗ったりして治すことも可能ですが、特に問題ないためそのままにしている人も多い、とのこと。
にた病気で尖圭コンジローマというのがあるようですが、こちらは悪性のため治療するそうですが、こちらはそのままでも問題がないとのことでした。
性病ではなくてとりあえず安心しました。
ただ、見た目がグロテスクで今後の人生このぶつぶつを女性の前で見せられないし、嫌がられると判断し、切除してほしいと申しました。
しかし、医者からこれは個性で名器だと言われ切除しない方向で説得されました。
おそらく、その時の医者が手術するのが面倒臭かったのでしょう。
私は幼かったので医者の言葉を鵜呑みにし現在でもそのまま生活しております。
今まで12人ほどと関係を持ちましたが、誰も気持ち悪いと言われずそこそこ長い関係性を保つことができたのは幸運でした。
女性の方から指摘されたり、気持ち悪いといわれたこともなく、意外と本人以外は気にならないのかもしれません。
うつる性病でもなく、無害なイボなので特に自分から何か説明することもありませんでした。
いつか、切除しようと考えているのですが、なかなか時間が取れなく、また現在の彼女が何も気にしていないので、現況このままにしようと思っています。

淋病の口コミ

みんとLLLれもんさん 40代 男性
★★★★

まずはじめに、排尿時に、強い痛みを感じました。
はじめのうちは、なんとか良くなるのではと思っていました。
ですが、痛みも強くなってきましたし、尿道からも濃い乳白色の分泌物が出てくるようになりました。
そして、尿道のかゆみも出てきましたので、病院に行く事にしました。
病院に行って診察を受けましたら、淋病ですねと、お医者さんに言われました。
なので淋病に感染したかもしれないと思った場合には、すぐに病院に行って診察を受けましょう。

まずはじめに、男性の場合の淋病の検査は、尿検査によって行われるそうですが、私の場合、排尿時の痛みや多量の分泌物が、あったために、視診と問診だけで淋病と診断されました。
そして、淋病の治療に、ついてですが私の場合は、注射による抗生物質の投与でした。
また、淋病の治療に現在、多く行われているのが、注射による抗生物質の投与との事です。
淋病の注射による治療は、基本的には注射薬を1回打つだけで、淋病の治療は完了するそうです。
そして、私が淋病の診察を受けるために、病院は、どこが良いのかと思いましたので、いろいろと調べてから病院へ行きました。
淋病の診察を受ける男性でしたら泌尿器科や性病科が良いとの事でした。
最後になりますが、淋病は、排尿時に、強い痛みを感じます、そして、尿道からも分泌物が出てくるように、なったりしますので、みなさんも注意しましょうね。

>> もっと見る

毛じらみの口コミ

なんだかなぁさん 30代 男性
★★★★★

家族と出掛けている時、陰部に痒みを感じました。一旦トイレに逃げ込み、個室の中で陰部を見てみると、毛が生えてる部分に湿疹ができていました。
その時は「なにか虫に噛まれたのかな」程度でしたが、時間が経つに連れ、強烈な痒みに変わってきたので、「これはなにかおかしい」と思い、次の日に会社を休み、泌尿器科に行きました。
そこで診断された結果が「毛じらみ」でした。
最初「毛じらみ」と聞いた瞬間、本来髪の毛にできるものではないのかと思いましたが、診断してくれた医師は「陰部に毛じらみできる人もいます」と言われました。

まず医師が、視察で陰部の中に成虫が生息しているかどうかを確認してくれました。
成虫には特徴があるため、すぐに発見できるようなのでしたが、なかなか見つからず、「もう自分の陰部には生息していないのではないか」とのことでした。
成虫が寄生すると吸血するため、その吸血時に痒みを感じるようなのですが、吸血してからなにかの拍子で居なくなったのかもしれないとのことでした。
あと、医師に聞かれたことは「ここ1ヶ月から2ヶ月の間で性行した人がいるか」とのことでした。成虫は性行した相手にも移るとのことでした。
しかし、自分はここ1ヶ月から2ヶ月の間には嫁とも性行しておらず、性行した相手もいませんでした。

毛じらみの成虫はいないということなのですが、陰部の毛を全部切るかという話があったのですが、それは断り、湿疹を抑える塗り薬だけ貰い、指定された回数を1日塗って、1週間ほどで綺麗に湿疹が治まりました。

>> もっと見る

陰部のかゆみの口コミ

こーじーさん 40代 男性
★★★★★

私が初めて性病感染にかかった時のことです。
当時女性と付き合った経験は交際中の彼女しかおらず、自分が性病感染してるなんて考えずに症状を悪化させてしまったのが原因のかゆみです。
最初は排尿時の違和感だけだったのが、日がたつにつれて違和感が痛みへと変化します。
また尿道から膿が出たり、男性器がものすごく痒くなりました。
この痒さは尋常ではなく、掻いてるうちに真っ赤に腫れあがります。
亀頭付近の包皮は腫れあがりましたし、特にひどかったのが金玉です。
皮は腫れ上がりすぎてダラ~ンとするほどでした。

最初は皮膚炎か何かだと思って虫刺されの薬や軟膏をドラッグストアで購入して塗布しました。
しかし原因が性病(この時は知りませんが)だったので、こんな治療法に効果があるはずもなくドンドン悪化しました。
そしてこれは異常だ・・と気づいて泌尿器科で診察をうけました。

病院で見てもらった時、すでに男性器は腫れあがってました。
検査方法は尿検査、血液検査、医師が目視で確認したり、触診(ビニールの手袋をして)で確認してくれました。
診断をした結果、医師から淋病・亀頭包皮炎・クラミジア(クラミジアは血液検査の結果が出てからなので後日)の三つを告げられました。

薬は抗生物質のマイシン、痒み止めの飲み薬、胃腸薬、炎症を抑える為の塗り薬の4つを処方してもらいました。
淋病・クラミジアと亀頭包皮炎を同時に治療開始したというわけです。
しかし最初の三日は変化無し。
抗生物質のおかげで排尿時の激痛が痛み程度へと緩和したぐらいです。
男性器の痒みや腫れはまったく治りません。
一週間経過後には排尿時の痛みや亀頭からの膿は治まってましたし、この頃から亀頭包皮炎も治りだしました。
腫れが沈静化してからか早かったです。
一週間経過まで変化はなく、沈静化しだしたら三日ぐらいでほぼ元通りという感じで一気に治りました。

他の性病の関係もあり、一週間毎に診察を受けました。
保険は利いていたものの、完治まで検査費含めて1万2千円ほどかかり、なかなか痛かったの覚えています。

EEさん 30代 男性
★★★★★

最初に症状が現れだしたのは夏の暑い頃でした。陰部がちょっとかゆいなぁと言う感じで少しかけば大丈夫と言う感じだったのに、徐々にそれだけだと収まらなくなってきました。とりあえず、ドラッグストアで売っている陰部用のかゆみ止めを塗っていましたが、最初は痒みが止まっても徐々に効かなくなってきたため診察を受けることにしました。男性器に対応しているクリニックが近くにはなかったので、電車を使って少し遠目のところに通うことに。

診察を受けることを決めた当初は性病かもしれないと思っていました。もしも、性病ならちゃんと受け入れて実直に治療に取り組もう、そんな考えを持った状態で病院に行きました。こういうところで陰部を見せるのは初めてだったのでとても恥ずかしかったのですが、お医者さんも看護師の方も見慣れている感じで特に反応がなかったのでよかったです。実際に診てもらうとこれは性病ではないと言われました。急激に気温が上がったことであせもになっているということです。お医者さんがかなりあっけらかんに言ってくれたので、今までの心配は何だったんだと思うほど心が晴れやかになったのを覚えています。治療方法としてはちゃんと毎日お風呂に入って、軟膏をしっかり塗るというとても簡単なことだったのでびっくりです。

TOP