メニュー
新宿駅前クリニック泌尿器科について | 新宿の泌尿器科ナビ|新宿駅前クリニックなどの口コミ

新宿でお勧めの泌尿器科

体調や体の異変は場所を問わず起きるものです。

陰部や尿道などに異変が起きることもあるのですが、このときにその異常の診察を受けられるのが泌尿器科です。
こちらも該当する異常に悩んでいるときは非常にありがたい病院になりますが、新宿の泌尿器科でいい病院はあるでしょうか?
それは新宿駅前クリニックです。
こちらには泌尿器科があり、新宿の内科などでは対応できない陰部関係の異常について診察を受けられます。

この病院でよく治療されているのが、たとえば尿道炎です。
排尿時に痛みがあったり、ムズムズしたり、膿が出たりと、いろいろな症状があります。
原因はクラミジアや淋病などの性病になる場合もあります。
このときはパートナーとの性行為が感染経路だったりしますね。
このほか、尿道炎はストレスによる免疫力の低下が原因で起こることもあります。
このときは性行為をしていなくても、この症状が起こることがあります。
このような男性の尿道炎は、新宿駅前クリニックで治療が可能です。
このほかには、膀胱炎、クラミジア、淋病、亀頭包皮炎、毛じらみ、梅毒などのほか、陰部がかゆい、違和感があるなどの症状でも診察を受けられます。

こちらで対応できる症状で少し気をつけたいのは、女性の症状にはあまり対応していないことです。
女性の症状に関して、新宿駅前クリニックの泌尿器科で診察や治療ができるのは、膀胱炎のみとなっています。
膀胱炎とは女性がなりやすい異常で、これが起きると排尿時の痛み、残尿感、下腹部痛、尿の濁りなどがあります。
これら症状で困っているときは膀胱炎の可能性がありますから、新宿駅前クリニックで診察を受けてみるのもおすすめです。
これ以外の女性の症状については、新宿駅前クリニックでの対応が難しいことが多いですから、この点は少し注意してください。

新宿駅前クリニックの泌尿器科の評判

新宿駅前クリニックの泌尿器科ではこのような症状の診察や治療ができるのですが、評判は高いです。
その理由として、待たされないというのが大きいですね。
これら陰部周りの症状は、風邪などと違って家で安静にしていればすぐ治るとは限りません。
また、病気によってはパートナーに移してしまう可能性がありますから、忙しい方でも時間を作って病院に行かざるを得ないことも多いでしょう。
新宿駅前クリニックはそのような忙しい方でも利用できるよう、待ち時間の短縮にはかなり力を入れて取り組んでいます。
無駄な検査や診察などは極力せず、テキパキと対応していきますから、待たされることが少ないのです。

しかもこの病院で診察を行っている医師は、1人だけではありません。
その日に出勤している複数人の医師が診察を行いますから、この効果で待ち時間が短くなることも多いです。
その結果、仕事の合間などにちょっと来院して診察を受けるといった対応も可能です。
夕方まで診察を行っていますから、仕事帰りに寄る方も多いですね。

このように対応が早くて待たされにくく、お昼や夕方のちょっとした空き時間に診察を受けられる病院ということで、新宿でも人気です。
ゆっくり病院に行く時間はないものの、陰部周りの異常でどうしても医師の診察が必要な方など、まさにぴったりの病院となるでしょう。

新宿駅前クリニックへのアクセス

アクセスしやすいのも利点です。
新宿駅前クリニックは新宿駅のすぐ近くにあります。
駅の西口の目の前には家電量販店がありますが、その裏にあるビルの3階に入っており、駅からの距離は徒歩1分となっています。
新宿駅周りで生活している方や、職場がこの近くにある方など、日常の用事や仕事のついでに来院できる病院となるでしょう。

診察時間は10:00~14:00、15:30~19:00までとなっており、終了時間の15分前まで受付可能です。
初診の方は18時までとなりますから注意してください。
予約などは一切不要ですので、陰部周りの異常で悩んでいるときは、新宿駅前クリニックの泌尿器科まで相談してみるといいでしょう。

尿道炎の口コミ「早く受診すればよかった」

のりっくさん 40代 男性
★★★★

連休中、久しぶり性風俗のお店に行きました。
その日はばっちし楽しめて満足して帰宅。
しかし、翌々日ころからおしっこをすると痛みが出るようになり、次第に残尿感と頻尿、さらにおしっこをしたあとの尿切れの悪さに悩まされるようになりました。
仕事柄、白いズボンをはくのですが、その尿切れの悪さでズボンに染みをつくってしまうほど。
五日くらいして陰嚢の内側から肛門にかけ痒くなり尿道口にはドロッとした白い膿のようなものまで出るようになりました。

我慢できないほどの痒みとおしっこをした直後の痛みに悩み、仕事を休んで泌尿器科へ駆け込みました。
検尿を終え診察室に入ると顕微鏡をのぞき込んでいる先生。「これといった菌はないけどね」と一言。
「ひどい包茎てことはないよね?」「のどの痛みは?」などと問診はされましたが、結局、原因菌はみつからず。
抗生剤のみ処方されました。

診察そのものは陰部を見せるわけでもなく検尿だけでしたが、薬をもらう薬局は若い女性の薬剤師さんがいたので、自宅近くのおじさん薬剤師がいる薬局で処方薬をいただきました。
仕事が忙しく、なかなか泌尿器科へ行く機会はありませんでしたが、今思えば一般の内科でもいいので早く受診すればよかったと思いました。

>> もっと見る

陰部のかゆみの口コミ「かゆみと痛みで歩くのも辛かった」

ホームナーさん 40代 男性
★★★★

仮性包茎で亀頭部分を良く洗うこともなかったです。
そうした日々を送っていたら痛みとかゆみさらには発赤までしてくるようになったので、もしかしたら性交渉による性病に感染してしまったのか不安になってしまいました。
かゆみと痛みで歩くのも辛かったので、すぐに地元の泌尿器科のある病院で診てもらおうと思って家族に運転してもらって行くことにしました。
さすがに陰部のかゆみや痛みに耐えながらの運転は自信がありませんでしたので、家族に運転してもらいました。

泌尿器科の医師の問診と診察を受けました。
それと原因菌を特定するための検査もしました。
それによって亀頭包皮炎と診断されました。
このまま放置をしてしまうとさらに炎症が強くなって化膿してしまうこともあると医師から言われ恐怖を感じました。
医師に抗真菌剤や抗生剤そして炎症を抑えるためにステロイドの軟膏を処方してもらいました。
亀頭包皮炎は初めて罹りましたが、あまりの痛さと痒さがあったのでもう二度罹りたくありません。
ですから、しっかりと医師の言うことを守りました。
まずは清潔を保つことが一番大事だと言われました。
それと感染しにくいようにするため偏食をせずにバランスの良い食事も摂るようにと言われました。
偏った食事をしていると感染しやすくなって亀頭包皮炎に罹りやすくなるため、それ以降は毎日バランス良く食事を摂るようにしました。

>> もっと見る

尖圭コンジローマの口コミ「再発防止のワクチンも接種」

なっちゃんさん 30代 男性
★★★★

ある日、尿をしているとペニスに違和感を感じ、よく見てみると、ペニスの外側に小さな「イボ」が複数できていました。
痛さや痒さなどなかったので、「こんなところにイボがあるなんて」と気になってからは、次第に怖くなってきて、「性病を移されたのではないか」と心配になってきました。
ネットで色々と調べたのですが、様々な病気が考えられるようだったので、「このままではいけない」と思い、病院で診察を受けようと思いました。

診察の結果は、「尖圭コンジローマ」と医師に言われました。
そんな病名を聞いたことがなかったので、「性病ですか?」と聞くと「性病です」と言われました。
治療方法は、外科的療法と薬物療法があると言われたのですが、自分は、数や性状などをふまえて、医師の診断で「薬物療法」になりました。
処方してもらった薬は、「イミキモド5%クリーム」の外用薬でした。
毎日、お風呂上がりの綺麗な状態の時に塗ることで治るとのことでした。
1週間ほど塗っていたら、次第にイボが引いていき、再検査してもらった時には、完治していました。
尖圭コンジローマは、「再発する可能性がある」と医師に言われているので、再発しないように「ヒトパピローマウイルスの予防ワクチン」を打ってもらいました。

>> もっと見る

性病検査口コミ「内科医院のスタッフの方は、みんな優しく対応してくれた」

asai75さん 20代 男性
★★★★

私は社会人になってから、会社の同僚や先輩とお酒を飲みに行く機会が多くなりました。

ある日の飲み会の帰りに、同僚に誘われて、女の子のいるお店に行きました。

初めての体験でしたが、女の子がとても可愛くて、エロかったので、楽しく性行為をすることができました。

それから2週間ほど経って、陰部の痒みが出てきたため、友人に相談し、性感染症に罹っているかもしれないと言われたため、近くにある内科クリニックを受診することにしました。

私は今まで、性感染症に罹ったことはなかったため、性病検査を受けるのはとても抵抗があり、恥ずかしい思いがありました。

しかし、内科医院のスタッフの方は、みんな優しく対応してくれたので、安心して診察を受けることができました。

内科医院の先生は、若い男性の方で、私の話をよく聞いてくれました。

私が、陰部の痒みがあることと女性と性行為をしたことを伝えたところ、「性感染症に罹っている可能性が高いので、性病検査をしましょう。

」と言われ、性病検査を受けることになりました。

性病検査ははじめてだったのですが、特に難しいことはなく、すぐに検査は終わりました。

性病検査の結果、クラミジア性尿道炎と診断され、抗生物質を処方してもらいました。

抗生物質を服用してからは症状がすぐに改善し、無事にクラミジア性尿道炎を完治することができました。

内科医院のスタッフは対応がとても良く、満足です。

>> もっと見る

尿道炎:半年以上の通院でもとに戻りました

masaさん 男性 30代
★★★★★

当時お付き合いしていた女性が、男性経験が私が初めてでした。
私の陰部への愛撫の練習を幾度と繰り返していました。

1か月ほどしたあと、通常の尿意とは別の尿意があることを覚えました。
トイレには行きたくなるのだが、量が少しの時が頻繁にありました。

はじめは水分を取りすぎによる頻尿だと思っていましたが、次第に夜中にも尿意で目が覚めることが多くなり睡眠を妨げるようになりました。
しばらくすれば治ると思い込んでいましたが、排泄時に痛みを伴うようになったので受診しました。

診察では尿道炎という診断を受けました。
尿検査をしたところ、ひどく濁っていると言われ、病理検査?に回しますとのことでした。

後日検査を結果を聞きにいったところ、尿からブドウ球菌が検出されました。
しばらく抗生物質を服薬して様子を見ましょうとなりました。
その間も彼女との性交渉をやめませんでした。
私は避妊具を着用するようにしていましたので彼女に移すことはありませんでした。
しかし、いつまでも症状が治まらないので、再度通院したところ、尿の濁り、ブドウ球菌がなくなくなることはなく、もしかしたらということで、前立腺の分泌液を採取、検査したところ、ここからもブドウ球菌が検出されました。

半年以上の服薬と通院でようやく通常生活にもどることができました。

>> もっと見る

亀頭包皮炎:2週間ほどでよくなりました

じゅんさん 男性 30代
★★★★

風俗に行った翌日か翌々日に包皮に強い痒みが出て、よく見てみたら包皮に腫れがありました。
たまに股間が蒸れて痒くなることがあるので、そのときは大したこととは思わず、放置していましたが、そのうち裂けるような痛みに襲われました。
見てみたら包皮に軽い亀裂が入っていたのでネットで調べてみたら亀頭包皮炎という病名が引っ掛かりましたので、上司に翌日通院する旨を連絡して、泌尿器科を受診しました。
そしたら案の定、亀頭包皮炎と診断されました。

カンジダ症の薬を貰い、自己治癒としてテラマイシンをお勧めされたので薬の合間にテラマイシンを塗りました。
その状態が約1週間続きましたが最初にあった痒みが次第に取れていき、亀裂も次第に塞がってきて、2週間目には全く気にならなくなりました。
上司には流石に亀頭包皮炎と伝えるのは物凄く恥ずかしかったため、「どうした」と聞かれたときに「ウィルス性の疾患と診断されました」と回答することが精一杯でした。

しかし避妊具をつけており、挿入行為もしていないのに何故なってしまったのかは不明です。
治療時の注意点としては余り石鹸で洗ってはいけません。
少し泡立たせて軽くさする程度です。
また、恥垢が物凄く出るため、洗いよりも流しをよくした方がいいです。
あと、通気性のよい下着を着用すると治りがは早くなります。

>> もっと見る

咽頭クラミジア:抗生物質の点滴をして次の日には改善

ゆうじさん 男性 30代
★★★★

診察を受ける前から、喉が痛く、体の節々が痛んで熱っぽい症状があり、最初は疲れかなと思っていました。
当時つきあっていた風俗嬢の彼女も同じような症状とのことで、ネット等で調べてみて咽頭クラミジアのことが書いてあったので、彼女には話さず、まずは一人で耳鼻科に行ってみてもらいました。
結果咽頭クラミジアとのことで、彼女も連れて行って彼女も咽頭クラミジアとの診断でした。
何回も性病で診察するのは正直恥ずかしかったです。

自分が悪いのか、彼女が悪いのか分かりませんが、ショックでした。
先生からはキス、フェラチオの禁止と彼女に対しては自分と付き合うなら風俗をやめるか、続けるにしても定期的に検査に来るようにと言われていました。
治療は抗生物質の点滴を1回して終わりという単純なものでしたが、抗生物質の飲み薬より効果は高いそうですが、自分は点滴との相性が悪かったのか、点滴終わってからしばらく頭がぼんやりとする状態でした。
それでも次の日には喉の痛みや違和感、体の節々の痛みは無くなっていたので、効き目はあるみたいです。

点滴2週間後に再度検査をして、陰性であれば治療は完了です。
彼女ともその後別れましたが、キスをするのも怖くなりました。

>> もっと見る

TOP